kutteike - クッテイケ -

ITコンサルのお気楽日記

発想を変えてみての断捨離

f:id:ryu0017:20180506004219j:plain

 

GWも残るところ1日ということで、皆様いかがお過ごしでしょうか。

いつもより少しばかり車通りが少なかった東京の街にも人が戻って来た感じがしますね。

 

さて、今日も断捨離は続きます。

 

断捨離をするにあたって、一つ心がけていることがあって、それは1日に5つ物を捨てることです。

 

これがなかなか難しくて、最初の頃はポンポン捨てられていたのだけれど、

 

断捨離も終盤戦に入ってきて、なかなか捨てるものがなくなってきた。

 

こうなるとこのままではらちがあかなくなるので、発想自体を転換する必要がある。

 

というのも、今までは「使っていない、要らない前提で捨てるものを探していた」のだけれど、

 

ここからは、「いつもなんとなく使っているけれど、本当は必要ないのでは?」といった視点で物を探さないと

 

最終的に行き詰まることがわかった。

 

たとえば、いつも机を拭いている布巾は毎回除菌が必要になるが、そもそも除菌とかしないで、

 

ウェットタオル使えばいいんじゃないか?とか、風呂の蓋って本当に必要か?すぐにいつも風呂入るから

 

別に要らないんじゃないのか?などなど。

 

蓋があるから掃除やメンテナンスの手間が増えるのであって、そもそもでなくせばいいんじゃね?

 

と考え始めると、結構そもそも要らないんじゃないか?みたいなものがたくさん見えてきて、

 

また違った境地に立つことができました。

 

 

そもそもでただ単純に物を捨てたい、何もかも捨ててしまいたい、というわけではなくて、

 

自分にとって気持ちいい空間を作りたいだけなので、なんでもかんでも捨てるわけじゃありません。

 

いつかこの断捨離も一息つくときが来ると思うんですが、もう少し続けていきたいと思います。