kutteike - クッテイケ -

ITコンサルのお気楽日記

オーソモレキュラーに入門してみた

平日に休みが取れるのもこの先なさそうだったので、この機会に体を見直そうと一念発起しました。

以前より軽い貧血、めまいがしていて、人間ドックなどを受けても特に問題がなかったので放置していたのですが、

本当に自分の体は大丈夫なのか?といまさらながらに心配した次第です。

 

もともと僕の場合、病院・医者を信じていないところがあり、たとえば体調が悪くて病院に行って検査しても

結局なにも出なくて、「自律神経の乱れですね」みたいな形で終わってしまうのが許せなかったところがあり、

あんまり積極的に病院に通ったりしてませんでした。

「あんたら、それでも医者ですか?」と。

 

とは言ってても話も進まないので、どうこの症状を直していこうか、食事を見直したものの、

なかなか良くもならないと思い悩んでいた矢先に、高城剛さんが紹介してくれていた

医師がいる病院に行ってきました。

高城さんのメルマガを購読しているのですが、このメルマガは毎週1回、非常に有意義な情報を提供してくれていて、

いつも自分を刺激するカンフル剤のような役割を果たしています。

 

さて、その中で紹介されていた病院で新宿溝口クリニックという病院なのですが、

この病院では「オーソモレキュラー療法」という、いわゆる栄養療法を取り入れているクリニックになります。

日本において栄養学が誕生したのは1910年代と言われていますが、日本における一般的なこの栄養学というのは

その頃からあまり変わっていないと言われます。

例えば、糖尿病患者に対しての食事指導なども旧態依然のカロリー制限食しか指導していなかったり、

脳はブドウ糖しかエネルギー源として使えないなどと公然と言っていたりなど。

 

そんな中で、栄養学は新たな領域を迎えていて、分子栄養学といった新しい呼び方で呼ばれるようになっている。

この分子栄養学が「オーソモレキュラー療法」というもので、分子に対し、栄養学の観点から改善を行っていくというアプローチになります。

オーソモレキュラー療法では、体内の栄養バランスの乱れが疾病や症状などの原因と考えていて、

東洋で言われる「未病」という状態は栄養バランスが乱れて起きている症状だとして、治療を施すことになります。

 

 

 

最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門 (光文社新書)

最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門 (光文社新書)

 

 

 

なので、よく「体調が悪い」「頭痛がする」「吐き気がする」というものも、必ず体の栄養バランスが崩れてしまっているのが原因で、遺伝として考えていたものもこのオーソモレキュラー療法によって改善、完治した事例も多くあります。

 僕の場合も、原因不明のめまい、貧血が起きている状況をなんとか改善したいと思い、足を運びました。

 

まず、実施するのが、血液検査と、合わせて尿検査になります。

なんだ、普通に血液検査か、と思われるかもしれませんが、この血液検査では様々な角度から検査を行い、「どの栄養が足りていないか」を確認を行います。

なので、一般的な病院で行う検査のように「病気であるかないか」を検査するのではありません。

ちなみに、4本も血液が取られました(汗。

余計に貧血になりそうな本数ですが、これで何が自分の中で起きているのかが分かれば半分は問題は解決したようなものですよね。

結果が出るのは1ヶ月後とのことで、少々時間がかかってしまうのは仕方がないですが、結果が楽しみです。

 

また結果が出たらお伝えしたいと思います!

(日記)Spring BootでWebアプリケーション作成に挑戦

もともとインフラ、それもメインフレームという超レガシーなシステムを扱っていた人間なんですが、

新しいことにも挑戦していかないとどんどん落ちぶれていくだけだと思い、最近は独学でアプリケーション開発をやっています。

 

今は少し休みをもらっていることもあり、まとまった時間もあるので、長年挑戦しては挫折していた

Javaアプリを一気に学んでいる感じです。

 

取り急ぎ基本的なJavaの文法を復習し、サーブレットJSPを使って、掲示板を作るという

ごく基本的なことをやって、Javaにおけるアプリ開発の基礎を学べた次第です。

 

ただ、これだけでは実践では全く役に立たないと思っていて、もともとのゴールとしてはフレームワークを利用して

Webアプリケーションを作りきる、というとことまでが目標としていました。

 

最初は基本的なことばっかり過ぎて、正直何度も辞めようと思いましたが(そもそも別にコーディングするような歳、ポジションでもすでにないので。。)、

ただここでモノにしなかったら、今までの時間がムダ、何も残らないと思い、歯を食いしばってやってきましたが、

ようやくフレームワークを利用できるところまでこぎつけることができました。

 

とは言っても、まだ始めたばかりなので、簡単なサンプルをWebで探しながら手を動かしているだけで、

まだまだ道のりは険しいですが。。

 

結局、フレームワークはSpringを学ぼうとSTSの設定なども行ったのですが、本などはあまり分かりやすいものはなく、まずはWebで簡単なサンプル拾ってきてやっている次第です。

 

これからの方向性としては、

  1. まず簡単なサンプルを通じて、Springについて学習する
  2. 自分がサーブレットJSPで作った掲示板アプリをSpringを利用して再作成する

 という方向でやろうと思っています。

 

プログラミングの独学ってなかなかつらいものがありますが、自分である程度モノが作れるようになってくると

次第に楽しくなってくるので、仕事が始まっても趣味としてやっていけそうです。

とりあえず、STSの設定、簡単なサンプルが動くところまで確認できたので、一旦今日は寝ますかzzz

発想を変えてみての断捨離

f:id:ryu0017:20180506004219j:plain

 

GWも残るところ1日ということで、皆様いかがお過ごしでしょうか。

いつもより少しばかり車通りが少なかった東京の街にも人が戻って来た感じがしますね。

 

さて、今日も断捨離は続きます。

 

断捨離をするにあたって、一つ心がけていることがあって、それは1日に5つ物を捨てることです。

 

これがなかなか難しくて、最初の頃はポンポン捨てられていたのだけれど、

 

断捨離も終盤戦に入ってきて、なかなか捨てるものがなくなってきた。

 

こうなるとこのままではらちがあかなくなるので、発想自体を転換する必要がある。

 

というのも、今までは「使っていない、要らない前提で捨てるものを探していた」のだけれど、

 

ここからは、「いつもなんとなく使っているけれど、本当は必要ないのでは?」といった視点で物を探さないと

 

最終的に行き詰まることがわかった。

 

たとえば、いつも机を拭いている布巾は毎回除菌が必要になるが、そもそも除菌とかしないで、

 

ウェットタオル使えばいいんじゃないか?とか、風呂の蓋って本当に必要か?すぐにいつも風呂入るから

 

別に要らないんじゃないのか?などなど。

 

蓋があるから掃除やメンテナンスの手間が増えるのであって、そもそもでなくせばいいんじゃね?

 

と考え始めると、結構そもそも要らないんじゃないか?みたいなものがたくさん見えてきて、

 

また違った境地に立つことができました。

 

 

そもそもでただ単純に物を捨てたい、何もかも捨ててしまいたい、というわけではなくて、

 

自分にとって気持ちいい空間を作りたいだけなので、なんでもかんでも捨てるわけじゃありません。

 

いつかこの断捨離も一息つくときが来ると思うんですが、もう少し続けていきたいと思います。

 

 

要らないものが増えすぎたので、流行りの断捨離をすることにしました

こんにちは!Ryuです。

GWとは言っても、どこ出かけても人、ヒト、ひと、なので、流行りの断捨離をすることにしました。

というのも、不要なもので部屋が溢れかえってきていたので、この時間のあるときに、思い切って全力で捨てる決意をしたのです。

元々2LDKから引っ越して来たこともあり、物が捨てきれず、とにかく納戸にものが溢れかえっている状況で、

とにかく息苦しい状況だったのです。

 

断捨離と言えば、昔読んだ近藤麻理恵さん、略してこんまりさんの本を思い出します。

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

こんまりさんのセオリーは、

ときめく物だけ残す、ときめかない物は捨てる

という非常にシンプルなもので、これに則っり片っ端から捨てます。

 

このセオリーのおかげで、ゴミ袋何個出したことでしょうか。

昔からこの本を読んでトライをしていたのですが、ことあるごとにリバウンドしていていて

元に戻ってしまうということを繰り返していました。

 

しかしながら、今回は違います。

本当にトコトン捨てきりました。

着ていないにもかかわらず、高かったので捨てられなかったユナイテッド・アローズタケオキクチのスーツ、

ゴルフバッグ、コーチのカバンなども捨てる、売るなどでとうとう手をつけ、

片っ端から手放していきました。

 

結果、気づいたことは、

  1. 物が減ると気分が良くなる→大事なものしかないので気分が良い
  2. スッキリしているので掃除が楽
  3. 物を買わなくなった

 

1.は明らか。物が減ると、気分がスッキリしてきます。

やっぱり物が多いって、ノイズなんですよね。視界的にもそうですし。

また、実際に見えていなくても、「あそこの棚の中、ぐちゃぐちゃなんだよなー」と気になって仕方なくなりますが、

そこをスッキリさせるとほんとに気分が良くなります。

 

2.についてはスッキリしているので、掃除機かけるのもおっくうじゃなくなりました。

床に物があると掃除しづらいですが、床に置いているものを減らしたことで、掃除もしやすくなったわけです。

また、減らすことで、色々なもののメンテナンスも必要なくなったので、手間も減りました。

例えば、使っていないクッションを捨てることで、わざわざ干す必要もなくなる、と言った具合です。

 

3.については、これだけ苦しんで捨てたのだから、慎重に買わないと、という意識になります。

正直、買うより捨てる方が何倍もシンドイです。

大物が捨てれたらほんとにハッピー。

なので、このしんどさを考えると、安易に安物買って済ませよう、とかいう考えもなくなりました。

気に入ったものならお金かけてもいいかな、と思っています。

 

 

断捨離しててちょっと思うことは、「なんでもかんでも捨てないと!」みたいな変な意識にとらわれるときがあって、

その気持ちが生まれるとソワソワして仕方ないですね。

ただ、その気持ちが生まれることイコール断捨離成功なんじゃないかと!

 

ぜひやってみてください!

 

 

ブログ開設!

どうも、Ryuと申します。

これまでブログを何回か開設しては潰し、開設しては潰し、の繰り返しだったのですが、

この度、きちんと毎日ブログをつけるようにしようと決意し、またはてなに戻ってきました。

 

理由は?ですが、以下のようなものがあります。

  1. 文章力をつけたい
  2. 備忘録として利用したい
  3. 日々の暮らしに彩りを添える

1.はそのままかもしれませんが、なんとか自分の文章力を上げていきたい!

自分はただの会社員なのですが、色々資料を作成しないと始まらない会社に勤めていまして、

文章力がないのはこの会社にいる以上、死ね、と言っているようなものでして。

文章力はやっぱりどうしても必要なんですね。

 

2. もそのままかもしれませんが、何気なく過ごしていると、どうしても毎日の出来事をドンドン忘れていきます。

本当は日記帳にでも、自分の手で書くことによって、記憶として定着するとは思うのですが、

どうしても忙しい毎日なので、ブログとして残すことで、少しでも毎日の記録を残せたらと思いました。

 

3. についてですが、ブログは自分の視野、世界を広げることもできると思うんです。

自分が発信することが他の誰かに届いて、反応があると楽しいですよね。

 

 

実は訳あっていま休暇をもらっているところでして、この機会にブログを書くことも習慣にしようと思いました。

最初はつまんない内容いっぱい書くかと思いますが、暇があったら見てもらえると幸いです。

 

 

書きたい内容としては、

  • IT、システム関連ネタ → インフラ屋でAWSとか触ってますが、最近アプリアーキにも進出するため、Java勉強中
  • 投資とかお金の話 → 積極的にお金運用してかないとやってけないですよね
  • 断捨離、ミニマリズム → 昔から物を減らそう減らそうとしてましたけど、ここに来てとにかく捨てまくってます
  • インテリア → 昔からインテリアは好きで。上の断捨離とも合わせてエントリ書きたい
  • 写真 → 最近カメラはじめました。上手くなりたい。

といったところです。

 

最初は時間かかると思いますが、30分くらいで書けるようになっていきたいですね。

では、また明日!